月明かりの夜、永远の色 月夜,永恒的颜色

生まれ泳いでた 辉华やぐ海で

生来就终日飘游在 光辉绚丽的海面上

触れた 许されぬ夜 罪の波音

曾无心触及那禁断之夜 罪孽犹如波涛袭来

日常を杀したあの日が

碌碌无为的那段时光

时折私を笑う

时而嘲笑着我

惑うたび见上げて溶けてゆく

每当身陷茫然之时 在仰望天空过后 烦扰都将烟消云散

贵方とのあの日の空の色に

不禁回忆起 与你相约那天的湛蓝天空

 

月明(つきあ)かりに揺れる繋がった星は

在月光下摇曳 紧密相连的繁星

まるで誓いの空模様

颇有引导誓言时的天色一般

永远の夜に染めてしまった贵方の手を

你那已然融于永恒之夜的双手

解きはしないよ

请务必牢牢抓住哟

今は远い月が やけに眩しくて

那遥不可及的月亮 也显得异常耀眼呢

目を闭じてしまいそうでも

即使紧紧闭上了双眼

贵方と生きてゆく

也依然要陪你生存到底

终わりのない世界で

在这永无尽头的世界之中

辉いた

熠熠生辉

呜呼、永远の色

啊……那永恒的色彩

 

どこか悲しげで 他人を伤つけていた

曾在何处 总是以悲痛中伤着他人

冷たい影をさらって 心をくれた

驱散寒冷的暗影 诚然以心相待

红と蓝の响く身体は

火红与冰蓝 在体内交织回响

朝と夜の世界みたい

犹如日月同辉的世界般

私には治せなかったもの

我心中那无法治愈的伤痛

贵方との时间が包んできた

也终能隐没于 与你共度的时光中

 

月明(つきあ)かりに揺れる繋がった星は

在月光下摇曳 紧密相连的繁星

まるで誓いの空模様

颇有引导誓言时的天色一般

永远の夜に染めてしまった贵方の手を

你那已然融于永恒之夜的双手

解きはしないよ

请务必牢牢抓住哟

今は远い月が やけに眩しくて

如今 那遥不可及的月亮 也显得异常耀眼呢

目を闭じてしまいそうでも

即使紧紧闭上了双眼

贵方と生きてゆく

也依然要陪你生存到底

终わりのない世界で

在这永无尽头的世界之中

煌いた

绽放光芒

 

いつか どうか なんてそんな声はいらない

终有一天 拜托了 我不愿再听到那些无聊的音讯

今を 强く 贵方と歩きたいの

只渴望着 你能够踏着坚定的步伐 携我度过现今

谁もいない 救いもない そんな世界でも

即使身处在那空无一人 亦无法挽救的世界里

贵方(あなた)の为… 何ももういらない

为了你... 我别无他求

 

谁も切り取れないこの世界の夜

任凭谁都无法斩断的现世之夜

まるで永远を夸るようで

如同赞美着永恒的荣耀

あの海を泳いだ あの日がまた私を笑ったとしても…

那时 我依然在大海中畅游 纵使昔日再次对我冷嘲热讽也全然不顾

 

月明(つきあ)かりが诱う私の记忆で

皎洁的月光引我寻回过往记忆

波音が叫んでいても

虽然浪声呼啸依旧

永远の夜に染めてしまった贵方と今 生きてゆく

但我仍然想要和 融于极夜中的你 共度现今

呜呼、永远の色

啊……那永恒的色彩